大地の芸術祭と飯山線の旅へ

里山のアート巡りと飯山線の旅

大地の芸術祭 2012越後妻有アートトリエンナーレが新潟県の十日町市を中心とした里山で開催中です。

新潟市に住んでいても十日町方面へ出掛けることはめったにないですのでこの機会に行ってみたいと思っています。
この芸術祭は里山にあるアートを巡る旅ともいえる内容で1日では廻りきれないですね。今回はさらに妻有を走るJR飯山線の旅も味わおうという計画です。
車の移動時間は大地の芸術祭ガイドブックより引用しています。

【1日目】

松之山エリア〜松代エリア〜川西エリア〜十日町エリアを巡る

1)上越新幹線、湯沢駅を出発。R353経由でR117交差点へ(車:35分)

2)R117交差点からR353で松之山エリアにある十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロへ(車:25分)
ブナ林、棚田、茅葺き屋根などの里山の農村が楽しめそうです。
キョロロ公式ブログはこちら

3)キョロロからR353で池尻まで。池尻からR253で松代エリアのまつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」へ(車:20分)

4)農舞台からR253で十日町エリアのアジア写真映像館へ(車:20分)

旧名ヶ山小学校にこの夏オープン!

5)アジア写真映像館から川西エリアのナカゴグリーンパークへ(車:35分)
「光の館」は宿泊できるのかぁ。施設利用料2万円+3000円/人か!
でも芸術祭期間中は、ほぼ満室だそうです。

6)ナカゴグリーンパークから下条を経由して十日町エリアのうぶすなの家へ(車:25分)

食と住空間を体験できる、やきもの美術館。
1924年に建てられた茅葺き民家を再生したそうです。
1階のレストランでは地元食材を使った料理を陶芸作家の器で味わえる!

7)うぶすなの家から越後妻有里山現代美術館[キナーレ]へ(車:15分)

移動時間だけで3時間ちょっと。見学時間を入れて6時間くらいを想定しています。

1日目はこれで終了。

【2日目】

飯山線の絶景を満喫!

2日目はアートはちょっとお休みして鉄道の旅をしてみよう

1)JR飯山線、十日町駅 11:19発 戸狩野沢温泉行で戸狩野沢温泉へ
戸狩野沢温泉駅に12:37着。駅前散策

2)戸狩野沢温泉 13:40発 越後川口行で十日町へ
十日町駅に14:57着。十日町駅周辺の散策

【3日目】

ミオンなかさと〜清津峡、七ツ釜へ

1)十日町から中里エリア、ミオンなかさと、越後田沢駅へ(車:20分)
2)越後田沢からR353を南下、いくつか見学しながら清津峡、七ツ釜

どこまで予定通りにいくかな

関連情報
越後妻有 大地の芸術の里
越後妻有アートナビ

美術手帖 2012年7月号増刊 特集 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 公式ガイドブック アートをめぐる旅ガイド

JR飯山線:時刻表


男の隠れ家 9月号 夏のローカル線

林屋旅館<新潟県十日町市>
旅館 清水屋<新潟県十日町市>
ホテルニュー十日町
清津峡温泉 いろりとほたるの宿せとぐち
松之山温泉 ひなの宿 ちとせ
まつだい芝峠温泉雲海


夏本番、この時期の紫外線は最強!
 日中の“うっかり日焼け”を防ぐためにも、
 お出かけ前の日焼け止めを忘れずに♪そして夜は毎日のスキンケアに
 美白ケア(*)をプラスして、その日に受けた紫外線ダメージを
 癒してあげましょう!
 
(*)美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
 効果のことをいいます。


【キャンペーン】ホワイトニング 化粧液<医薬部外品>

強い紫外線から肌を守るUVケア用ミルクローション。
 肌にスーッとのび、みずみずしくサラッとした使用感です。
 水に濡れても白浮きが気にならないから、夏のレジャーにもおすすめ!

サンガード30 プロテクトUV (SPF30 PA+++)

This entry was posted in 越後妻有アートトリエンナーレ2012. Bookmark the permalink.

コメントを残す