南会津、大内宿へ

以前から行きたいと思っていた南会津の大内宿へ行って来ました。当日はあいにくの雨で山の上にある大内宿はかなり冷え込んでいましたが、それでも観光客は多かったです。

新潟からは国道49号を会津若松に向けて走ります。会津若松に入ったら国道118号で南下して行きます。

ルート案内はこちらをご覧下さい。

帰路は只見町、田子倉湖を廻って帰りました。

大内宿は日光街道の山あいにある宿場町跡です。自分のイメージは普通の町並みの中の一部が茅葺きで保存されているのかと思っていましたが実際は山の中にぽつんとそこだけ保存されているのですね。冬の間も一部は営業しているらしいです。雪景色の時にも行ってみたいですが雪が深そうですね。

大内宿で楽しみにしていたのが「ネギ蕎麦」です。ネギを箸の代わりにして蕎麦を食べます。

有名なのは三善屋さんですが、やはり混んでいたので三善屋さんの喫茶店の方でちょっとだけ。

そのあと、散策して石原屋さんで再び蕎麦。今度は身体が冷えたので暖かい月見とろろ蕎麦を注文しました。
IMG_9350

大内宿の風景を何枚か


大内宿周辺、その道程は紅葉がとても綺麗でした。山がまるごと紅葉しているので燃えているようです。晴れていれば鮮やかなのでしょうが雨の日も濡れた感じがまたいいですね。

道の駅「きらら289」には温泉施設がありました。今回は入らなかったけど、いいですね。
IMG_9353

田子倉ダムから田子倉湖を望む

下の写真は田子倉湖付近です。

この時期は日が短くて、家に着いたのは暗くなってからでしたが久しぶりにドライブして楽しかったです。

This entry was posted in 南会津, 国内旅行. Bookmark the permalink.

Comments are closed.